資生堂パーラー銀座本店レストランのポテトサラダのレシピ!

有名店の料理レシピ

東京・銀座で明治35年に創業した老舗レストラン
資生堂パーラー銀座本店レストランの「昔ながらのポテトサラダ」のレシピを紹介します。
 

  • 資生堂パーラー銀座本店レストラン「昔ながらのポテトサラダ」のレシピ
  • 資生堂パーラー銀座本店レストランの店舗情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資生堂パーラー銀座本店レストランのポテトサラダのレシピ

 


(C)NKH
 

 
資生堂パーラー銀座本店レストラン料理長の倉林龍助さんが教えてくれました。

 

材料(2人分)

じゃがいも(キタアカリ)400g
にんじん40g
たまねぎ60g
少々
白胡椒少々
少々

 

ベースのマヨネーズの材料

卵黄2個
マスタード小さじ2
ひとつまみ
サラダ油360ml
20ml

 

ポテトサラダに合うマヨネーズの材料

ベースのマヨネーズ40g
牛乳25ml

 

 

作り方

1.にんじんの皮をむく

※包丁で切れ目を入れて、火が入りやすくするのがポイント

 

2.にんじんとじゃがいもをゆでる
じゃがいもは皮付きのままゆでる
にんじんは20分、じゃがいもは30分ゆでる

※じゃがいもは、皮をむくと水分を吸って煮崩れしやすくなる沸騰するまでは強火、沸いたら中火にする

 

3.たまねぎは1mmの薄切りにして、塩少々をして軽くもむ
しばらくしんなりするまで1分置く
次に10分水にさらし、塩みと辛みを抜く
キッチンペーパーなどで水けをしっかり切る

※じゃがいものホクホク感が薄れてしまうので、しっかりと水けを取る

 

4.にんじんは、1~2mmのイチョウ切りにする
じゃがいもは熱いうちに皮をむき、3cm程度の乱切りにする

 

5.にんじんとじゃがいもをバットに広げ、熱いうちに塩・白こしょう・酢の順にふり、なじませる

※じゃがいもが熱いうちに下味をつけるのがポイント
じゃがいものデンプンは加熱すると膨らんで組織に隙間ができる
その隙間に塩・白こしょう・酢を下味として浸透させ、おいしくする

 

6.ベースのマヨネーズを作る
卵黄、塩、マスタードをしっかり混ぜる
少しずつサラダ油を加える

※分離を防ぐため、サラダ油は少しずつ加える!

 

7.だんだんと白くなり、ある程度固くなってきたら酢を入れる
酢は3回に分けて入れ、2分程混ぜる

 

8.ベースのマヨネーズを取り分け、牛乳を混ぜる

※牛乳を入れることによって、マイルドで濃くのあるポテトサラダに仕上がる

 

9.しっかりと冷ました5.にしっかりと水けを切ったたまねぎを入れ、軽く混ぜる

 

10.マヨネーズ(8.)を入れ、さっくりとあえる

じゃがいものホクホク感を損なわないように軽く混ぜる
マヨネーズの分離を防ぐため、しっかりと冷ましてから混ぜる

 

 

 

資生堂パーラー銀座本店レストランの店舗情報

 

資生堂パーラー銀座本店レストランの店舗情報です。

 

店名資生堂パーラー銀座本店レストラン
住所東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4・5F
電話番号03-5537-6241
HPhttps://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/restaurantginza/
営業時間11時30分~21時30分(ラストオーダー20時30分)
定休日月曜日 (祝日は営業)、年末年始

 

 

 

 

 

 

 

TOP画像 / (C)NHK

タイトルとURLをコピーしました