シートマスク効果のある使い方は?保湿維持の方法も!あさイチ放送内容まとめ11月13日放送

あさイチ

2019年11月13日(水)放送
NHKあさイチでは、シートマスクの効果のある使い方や保湿を維持するための方法を解説しました。

 

  • シートマスクの効果のある使い方とは…?
  • 保湿を維持するための方法とは…?

 

 

11月13日のあさイチ放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートマスク 効果のある使い方とは…?

 

 

シートマスク 効果のある使い方:シートマスクを毎日使うのは正しい?

 

皮膚科医 吉木伸子さんの判定:▲

 

  • 毎日使って肌の調子が良い人はそれでOK。
  • 肌が弱い人には負担になる⇒肌が弱い人は回数を減らして使ったほうが良い。
  • 時間を守ることが大切。

 

 

  • シートマスクを使うと水分が肌に良く浸透し、肌がふやけた状態になっている
  • その時、肌の角質細胞の接着が緩み、肌が無防備な状態となり、度が過ぎると肌のバリアが低下する
  • 肌の弱い人は回数を減らして使用すると良いそうです。

 

 

シートマスク 効果のある使い方は:シートマスクの上からラップ等で覆う使い方は間違い?

 

■皮膚科医 吉木伸子さんの判定:✖

 

  • シートマスクはラップで覆うことを想定して作られていない。
  • そのまま使うのがオススメ。
  • 使い方を守ることが大切。

 

 

  • シートマスクは、①浸透するもの②蒸発するものの2つの成分で作られている
  • ラップで覆ってしまうと、蒸発すべき成分、つまり浸透すべきではない成分まで浸透してしまう恐れがある

 

 

 

シートマスク 効果のある使い方は:シートマスクを入浴中やドライヤー中に使うと効果アップ?

 

■皮膚科医 吉木伸子さんの判定:▲

 

  • 肌トラブルの原因になることも
  • 汗がこまらないように気をつける

 

 

  • 温まるとシートマスクの浸透がより良いと考えがちだが、汗をかく程の温度になると、シートマスクの下に汗がこもってしまう
  • 自分自身の汗が肌への刺激になってしまったり、場合によっては汗疹になってしまう

 

 

 

シートマスク後の保湿維持の方法とは…?

 

この投稿をInstagramで見る

NHKあさイチ(@nhk_asaichi)がシェアした投稿

 

 

■皮膚科医 吉木伸子さんオススメのシートマスク後の保湿維持方法

 

  • シートマスクを剥がした後が大切!
  • セラミドなどの保湿成分で潤いをキープする!

 

 

  • シートマスクには、水分と保湿物質など、水溶性の成分が含まれている
  • 水溶性の成分は、空気中の湿度が下がると保湿力が下がってしまう
  • 肌によっては、シートマスクの保湿成分だけでは真冬の乾燥に耐えるには足りない場合がある
  • そこで、水分や保湿物質を繋ぎとめるために、セラミドなどの保湿成分が入ったクリームや美容液でフタをして閉じ込めることが大切

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました