最新ドライアイ対策とは?涙のセルフケアも紹介!あさイチ2月13日放送内容まとめ

あさイチ

2月13日(木)放送
「あさイチ」では、最新ドライアイ対策を紹介!

 

  • 最新ドライアイ対策とは?
  • 涙のセルフケアで涙をパワーアップする方法も紹介!

 

 

2月13日(木)「あさイチ」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

最新ドライアイ対策とは?

 

 

 

ドライアイの原因

 

①涙不足:加齢・ストレス

 

②ムチン不足:体質・環境

 

  • 涙には、水分の他にムチンというタンパク質が含まれている
  • ムチンは、ゼリーのようにとろとろになり、蒸発を防いでいる

 

➂油不足:アイメイク

 

  • 涙の1番外側に油分の層がある
  • その油を出しているのが、目の周り(まぶたの際)にあるちいさな穴
  • その穴をアイラインなどのアイメイクで塞いでしまっている人が多い

 

 

最新のドライアイ対策

 

 

自分のドライアイの原因が、涙不足なのか、ムチン不足なのか、油不足なのかを知る!

 

  • 涙かムチンか油のどれが足りないのかを知り、適切に足りないものを補っていく必要がある
  • それぞれの原因に働きかける点眼薬や軟膏を処方してもらう
  • スマホを見る時は意識的にまばたきを多くする
  • 目を温めると油が出やすくなる

 

 

 

涙のセルフケアケアで涙をパワーアップ!

 

 

 

NHKのHPで紹介されていた、ドライアイ対策のひとつ「涙のセルフケア」をご紹介します。

 

 

涙のセルフケア

 

1.意識してまばたきする

パソコン作業やスマートフォンを見る時も、意識してまばたきをするようにしましょう。
目が開いたままだと、涙がどんどん蒸発してしまいます。
伏し目がちにするのも効果的です。
目を細め、眼球が出ている(目が開いている)範囲を物理的に狭くします。

 

 

2.乾燥に注意

エアコン、扇風機の使い過ぎは禁物です。
風は目を乾かしてしまいます。
目の保湿を意識した生活環境づくりも大切です。

 

 

3.たっぷり睡眠

寝不足や不規則な生活は涙を減らす要因になります。
睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

 

4.点眼薬を上手に使う

目の表面の水分を補い、目を清潔に保つために、点眼薬の使用がすすめられます。
普段から防腐剤の入っていない市販薬で目の潤いを助けるとともに、症状がよくならなければ、早めに眼科を受診し、医師の指示に従って点眼薬を使用しましょう。

 

 

5.目を温める

温めたタオルなどでまぶたを温めると、油分を分泌するまつげの根本の詰まりが改善するため、油分が十分に補給され、涙が蒸発しにくくなります。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/kenko/

タイトルとURLをコピーしました