あさイチ:豆苗の育て方!切る位置はどこ?水の量や日当たりは?2月25日放送

あさイチ

2020年2月25日(火)放送
「あさイチ」では、安くてビタミン豊富な「豆苗」を特集!

 

  • 豆苗の育て方のコツとは?
  • 豆苗を初めて切る時、切る位置はどこが良い?
  • 容器の大きさは?
  • 水の量はどこまで入れる?
  • 日当たりは?直射日光は当てて良い?

 

  • 直射日光は当てていいのか
  • 水はどこまで入れるのか
  • 最初に豆苗を切るとき
  • どの位置で切るとよいのか

それらによって、豆苗の育ち方が大きく変わるそうです!

 

2020年2月25日(火)「あさイチ」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

豆苗の育て方のコツ!

 

 

 

豆苗の育て方:容器の大きさは?

 


(C)NHK

 

豆苗の周りに指が1本入るぐらいの容器がオススメ!

 

  • 豆苗の成長に大事なのは水
  • 容器が小さいと入る水の量も少なくなる
  • 豆苗の周りに指が1本入るぐらいの、少し大きめの容器がオススメ

 

 

豆苗の育て方:水の量はどこまで入れる?

 


(C)NHK

 

 

水の量は、豆の下まで!

 

  • 豆が水に浸かってしまうとカビが発生して傷んでしまう原因になる
  • 水は1日1回替える
  • 汚れた水は菌が繁殖するので、減った分を足すのではなく、必ず新しく入れ替える

 

  • 豆苗を持って逆さにして振ると、落ちてくる豆がある
  • この落ちた豆を水に付けていても、もう芽が出てこない
  • こういった豆が水に浸かっていると傷んで、他の豆苗に悪影響を及ぼすので取り除く

 

 

豆苗の育て方:日当たりは?直射日光は当てて良い?

 

 

 

室内であれば、明るい窓際がベスト!

 

  • 豆苗の成長に必要なのが水と日の光・明るさ
  • 日の当たる時間・光の量で成長に差が出る
  • 豆苗は比較的日の光に強い野菜なので、室内であれば明るい窓際がベスト
  • 真夏は光が強く、水が悪くなりやすいので、直射日光は避ける

 

 

豆苗の育て方:豆苗を初めて切る時、切る位置はどこが良い?

 


(C)NHK

 

 

わき芽を2つ残して切るのがオススメ!

 

  • 豆苗の下の方にわき芽がある
  • このわき芽からまた新しい芽が伸びてくる
  • このわき芽を残してカットしないと、うまく育たない
  • 上のわき芽と下のわき芽では成長する速度が違う
  • 上の芽の方が速く伸びる

 

  • カットした後に、成長が速い茎が表れることがある
  • そういった豆苗を放っておくとかたくなる
  • 先に伸びた豆苗は取り除いて、食べると良い

 

 

 

まとめ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

安くて栄養豊富な豆苗🌱 食べた後、育てられるのも魅力ですよね。 美味しく食べるなら、最初に食べてから2回までがオススメ👍 🌱豆苗栽培のコツ🌱 ①容器→ 一回り大きい容器で ②水の量→ 豆のすぐ下まで ③日当たり→ 明るい窓際で ④豆苗を切る位置→ 豆のおよそ3センチ上 ✅豆苗をシャキシャキに炒めるワザや極うまレシピは、プロフィールURLから番組HPへ😋🍽 #豆苗 #節約 #豆苗料理 #栄養満点💯 #水川あさみ さん #豆苗を愛してやまない #阿佐ヶ谷姉妹 #豆苗姉妹 #渡辺江里子 さん #木村美穂 さん #近江友里恵 アナ #あさイチ #nhk #8時15分から

NHKあさイチ(@nhk_asaichi)がシェアした投稿 –

 

 

今回は、豆苗の育て方のコツをお伝えしました。

 

豆苗は、豆に残った栄養を使って育っているので、繰り返し栽培しているうちに豆の栄養もどんどん減っていき、豆苗自体も細くヒョロヒョロになっていくそうです。

栄養も減っていってしまうので、美味しく食べることを考えると、再生栽培は2回ぐらいまでがオススメとのことでした。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました