あさイチ|マスクの作り方!簡単!手縫いで立体ガーゼマスクが25分!あさイチ3月5日放送

あさイチ

2020年3月5日(木)放送
NHK「あさイチ」では、「マスクの作り方」を紹介!

 

  • 手作りマスクの作り方!
  • 簡単!手縫い!
  • 立体ガーゼマスクが手縫いなら25分で縫える!
  • 立体ガーゼマスクがミシンなら10分で縫える!

 

 

2020年3月5日(木)放送NHK「あさイチ」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りマスクの作り方!

 

 

 

「マスクの作り方」を教えてくれたのは、裁縫家のワタナベ・コウさんです。

経営する手芸教室では、簡単な小物から洋服まで幅広く教えています。

 

 

 

 

材料

 


(C)NHK

 

 

材料

 

・ガーゼ

  • 手芸用でOK
  • 今回は2枚使用
  • なるべく織り目の細かいもの
  • 織り目の間を光が通らない厚さ

 

・外側に使用する布

・ゴムひも

 

 

 

 

 

作り方:サイズを決める

 


(C)NHK

 

 

サイズを決める

 

  • 大きめに裁断し、顔に合わせて調節する
  • 外側の布は、横幅をガーゼよりも4cm長くする
  • 番組では、ガーゼのサイズを横26cm縦15cm、外側の布のサイズを横30cm縦15cmで作成

 

  • 縦は鼻と口が完全に隠れる長さ
  • 横幅は頬にかかるように

 

 

作り方:縫う部分に線を引く

 


(C)NHK

 

 

縫う部分に線を引く(ガーゼ、外側の布の両方に同じように引く)

 

1.ガーゼを半分に折り、真ん中に印を付ける
これがマスクの鼻の先端になる

 

 

2.真ん中の印から少し離れた位置(上下ともに0.5cmぐらい)から、上下ともに左端から3cmの位置に向かって線を引く

 

 

3.そこから1cmぐらい下がった位置から、定規を直角に当てて線を引く(上部のみ)

 

 

4.ガーゼ、外側の布の両方に同じように引く

 

 

 

作り方:ガーゼと外側の布を縫っていく

 

ガーゼと外側の布を縫っていく

 

1.立体の部分になる鼻筋のラインと口のライン(マスクの前面)から縫っていく

 

  • 線の上を普通のなみ縫いで縫っていく
  • なるべく同じ幅で縫っていくときれいに縫える

 

 

2.縫い終わったら、縫い代を残すため、縫い目から1cmのところで裁断する

 

 

3.次に、ガーゼと外側の布を広げて、表面どうしを重ねて、マスクの上部のラインを塗っていく
この部分も、縫い終わったら、縫い目から1cmのところで裁断する

 

  • 鼻筋のラインがきちんとそろうように注意する

 

 

4.続いて、マスクの下部、顎のラインを塗っていく
布の端から1cmのところをまっすぐ縫っていく

 

  • 不安な人は、線を引いてから縫ってもOK!

 

 

5.最後に、横の穴からひっくり返し、ひもを通す道を作る
両端それぞれ布を2回折り、なみ縫いすればOK!

 


(C)NHK

 

 

6.縫い終わったら、ゴム紐を通して完成!

 


(C)NHK

 

  • ひもの長さは、マスクと顔の間に隙間ができないように調節する

 

 

 

まとめ

 

今回は、「マスクの作り方」をお伝えしました。

今回お伝えした「マスクの作り方」の場合、手縫いであれば25分、ミシンを使えば10分程度で完成できるとのことでした。

 

マスク不足により困っている方も多いと思います。

市販されている花粉症用マスクより効果は劣るものの、手作りマスクでも花粉の侵入を1/3程度に防げるとのことです。

鼻と口を十分に覆うこと、なるべく隙間のないマスクを作ることがポイントです。

 

あくまでも、手元にマスクがない場合の応急の策としてですが、手作りマスクについてお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました