あさイチ|マスクの装着法!マスクの能力を30%向上させる装着法とは…?マスクとあごの隙間をなくす方法も!あさイチ3月17日放送 

あさイチ

2020年3月17日(火)放送
NHK「あさイチ」では、「マスクの能力を30%向上させる装着法」を紹介!

 

  • マスクの能力を30%向上させる装着法とは…?
  • マスクとあごの隙間をなくす方法とは…?

 

 

2020年3月17日(火)放送 NHK「あさイチ」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスクの装着法!マスクの能力を30%向上させる装着法!

 

 

マスクの能力を30%向上させる装着法1:表裏・上下を確認する

 


(C)NHK

 

 

マスクの能力を30%向上させる装着法2:半分に折る

 


(C)NHK

 

  • 半分に折ると、鼻の中心に合わせやすくなり、左右対称きれいに付けられる

 

 

マスクの能力を30%向上させる装着法3:目頭の際まで上げる

 


(C)NHK

 

  • 目頭の際まで上げると、鼻の高低差が少なくなるで隙間ができにくくなる!

 

 

マスクの能力を30%向上させる装着法4:マスクの目頭の部分を押さえながら、顎の下、奥までマスクを広げる

 


(C)NHK

 

  • しっかりと顎の奥まで入れると、フィット感が上がる!

 

 

マスクの能力を30%向上させる装着法5:手で全体をなじませる

 


(C)NHK

 

 

マスクの能力を30%向上させる装着法6:少し強めに息を吸ったり吐いたりして、マスクがペコペコするか確認する

 


(C)NHK

 

  • マスクがペコペコするようであれば、隙間なく付けられている証拠!

 

 

 

マスクとあごの隙間をなくす方法とは…?

 


(C)NHK

 

マスクのひもをねじる!

 

  • マスクのひもをねじると、マスクの下の部分が上に引っ張られるため、あごに隙間ができにくくなる

 

 

 

まとめ

 

マスクの能力を30%向上させる装着法についてお伝えしました。

 

マスクは、せきやくしゃみなどの症状があるときはもちろん、他人の飛まつを浴びやすい満員電車や会議室、人混みにおいて、一定の効果が期待できるそうです。

せきやくしゃみなどから出る、ウイルスなどを含んだ飛まつは、4メートルを超えることもあるんだとか。

 

マスク不足のため、1度外したマスクを再び使う場合の短時間の保管方法として、

1:人が通らない静かな場所にマスクの外側を下にして置くこと

2:マスクの上にテッシュペーパーなどをかけるとさらに衛生的

3:外すときはマスクのストラップだけを触る(ほかの部分はウイルスなどが付いているおそれがあるため、手にウイルスを付着させないためにも触れないよう注意)

とのことでした。

 

そして、感染の予防に最も大切なのは、やはり手洗い。

「手はウイルスの運び屋」と呼ばれ、ウイルスが付いた場所を触れた手で、口や鼻などを触ると、接触感染のリスクが増えるんだそう。

 

また、手洗いの最後に水を止める際は、ペーパータオルなどを使い、直接蛇口に触れないように注意しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました