新型コロナウイルス予防・対策!感染しない・感染させない方法とは…?あさイチ4月8日放送

あさイチ

2020年4月8日放送
NHK「あさイチ」では、新型コロナウイルス予防・対策として、「新型コロナウイルスに感染しない・感染させない方法」に詳しく解説!

 

  • 新型コロナウイルス予防・対策!
  • 新型コロナウイルスに感染しない方法とは…?
  • 新型コロナウイルスに感染させない方法とは…?
  • アルコール消毒液がなくても、石鹸(界面活性剤)で対策できる!

 

 

2020年4月8日放送 NHK「あさイチ」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスに感染しない方法とは…?

 

感染しないためのポイント

 


(C)NHK

 

 

大原則として、不要不急の外出を控える

 

  • どうしても外出しなければいけない時は、「密閉」「密集」「密接」を絶対に避ける

 

 

石鹸で手を洗う

 

  • 不特定多数の人が触れるような場所を通った後は、必ず手を洗う
  • アルコール消毒液がなくても、石鹸などの界面活性剤でウイルスを不活性化できる(下記見出し「アルコール消毒液がなくても、石鹸(界面活性剤)で対策できる!」に詳しくまとめました)

 

 

マスクを着用する

 

  • マスクの予防効果は限定的だが、他の人にもうつさないためにもマスクを着用する
  • 咳エチケットを徹底する
  • マスクが無い場合は、咳をする時、ハンカチやタオルで押さえる

 

 

家族に具合の悪い人が出たら…

 


(C)NHK

 

 

普通の風邪かもしれないが、新型コロナウイルスに感染しているかもしれないと考えて行動する

 

  • 基本的には、家族がインフルエンザにかかった時と同じと考える
  • 本人と世話をする人は、マスクを着用する
  • 換気をする
  • ゴミは密閉して捨てる
  • ドアノブ、スイッチなどの共用部分は消毒する
  • 食事は別室でとり、食器の共用は控える
  • 洗濯は一緒でOK
  • 入浴は具合の悪い人を最後にし、触れた場所は掃除をする
  • アルコール消毒液がなくても、石鹸などの界面活性剤でウイルスを不活性化できる(下記見出し「アルコール消毒液がなくても、石鹸(界面活性剤)で対策できる!」に詳しくまとめました)

 

 

 

新型コロナウイルスに感染させない方法とは…?

 


(C)NHK

 

 

新型コロナウイルスの特徴

 

  • 感染してから発症するまでの潜伏期間が、平均5日~6日
  • 発症しても軽症の場合が、80%
  • 初期は風邪の症状とほとんど変わらない
  • 風邪やインフルエンザと明確な違いが無い
  • 感染したとしても、本人が気付かない可能性がある

 

  • 症状が軽い場合でも、せきエチケットや手洗いをしっかり行うことが、周囲に感染を広げない1つの対策になる!

 

 

実際に、新型コロナウイルスに感染した人が訴えた症状

 

  • 発熱 :87.9%
  • 咳  :67.7%
  • 倦怠感:38.1%

 

  • 発熱は、比較的、新型コロナウイルスの特徴として(番組で解説した医師は)判断している
  • 専門医でも初期の症状の判別が難しい

 

 

嗅覚・味覚の異常は、新型コロナウイルス特有の症状?

 

  • 花粉症や鼻炎の人、風邪の初期症状でも嗅覚・味覚の異常は出る
  • ただ、無症状の人で、呼吸器症状が無く、嗅覚・味覚の異常を訴える場合に、1つの手掛かりになる

 

 

疑わしい症状が出たら

 


(C)NHK

 

 

1:症状が軽症、普段なら医療機関を受診する程ではない場合:自宅で療養、外出はしない

 

  • 感染を広げないという意味で、自宅に居るのが良い

 

 

2:症状が辛い、普段でも医療機関を受診するような症状の場合:帰国者・接触者相談センターに問い合わせをする

 

  • 帰国者・接触者相談センターは、各自治体の保健所に設置されている
  • 連絡先は、住んでいる自治体名と帰国者・接触者相談センターで検索する

 

 

問い合わせをする目安

  • 風邪の症状や37度5分以上の発熱が4日以上続く場合
  • ただし、高齢者や基礎疾患のある人は、2日程度
  • 高熱が出て辛い場合などは、4日を待たずにセンターに相談する
  • 強いだるさや息苦しさがある場合もセンターに相談する
  • 仮に症状が無くても、感染した人に接触したかもと思った時も相談する

 

 

帰国者・接触者相談センターに電話相談をしたら、実際に聞かれる内容(世田谷保健所の場合)

  • 37度5分以上の発熱や咳などの呼吸器症状があるかどうか
  • 発熱がある場合は、何日前からその症状があるかどうか
  • 基礎疾患
  • 妊娠の有無
  • 発症前から2週間以上の行動歴
  • 流行地域への渡航や移住歴のある人との接触の有無
  • 3つの密の場所を利用したかどうか
  • 症状が出てから同居、接触した人が居るかどうか

 

 

帰国者・接触者相談センターに電話相談の結果、感染の疑いがある場合⇒指定医療機関を受診する

 

  • 受診する時にマスクをする、咳エチケットを守る
  • 厚生労働省では、受診の際には公共交通機関を使わないように呼び掛けている
  • 交通手段が無い場合は、帰国者・接触者相談センターに移動手段についても相談する

 

 

指定医療機関を受診⇒必要があればPCR検査を受ける

 

  • PCR検査を受けられる医療機関は限られている
  • PCR検査を受けられる医療機関を受診しても、検査を受けるかどうかは、診察した医師の判断で決まる
  • 患者が強く希望しても、検査できないことがある
  • 検査できないからといって、いろいろな病院を何回も受診するのは、感染させてしまう可能性、感染をもらってしまう可能性があるので、絶対に控える

 

 

PCR検査の結果:陽性⇒入院する

 

  • 入院の際も、なるべく公共交通機関を使わないようにする
  • 保健所の中には、迎えに来てくれるところもあるので、相談する

 

 

PCR検査の結果:陰性検温を続けて、2週間程あまり人と接しないようにする

 

  • 陰性と結果が出ても、絶対に感染していないということではない
  • 検査の精度の問題や、検体を採取した時の検体の量や、採取場所が影響してくる
  • 100%信頼できるものではないと認識しておく
  • まだ何か症状や気になることがあれば、引き続きしっかりと感染者対策を自分自身で行っていく
  • 検温を続ける

 

 

 

アルコール消毒液がなくても、石鹸(界面活性剤)で対策できる!

 


(C)NHK

 

 

アルコール消毒液がなくても、石鹸(界面活性剤)で対策できる!

 

  • 新型コロナウイルスの表面には、エンベロープという脂質の膜がある
  • アルコールは、このエンベロープという脂質の膜を壊して、ウイルスの感染力をなくさせることができる
  • アルコールと同じ効果が界面活性剤にも期待できる
  • 石鹸や家庭用の洗浄剤は界面活性剤の一種
  • 「石鹸や家庭用の洗浄剤など、身近にあるもので新型コロナウイルスを殺すことができる」ことについて、WHOもガイドラインで言っている

 

 

新型コロナウイルスの感染を予防する方法:消毒液の作り方

 

台所用合成洗剤を使って消毒液を作る方法

・約1Lのぬるま湯に、5~10cc程度以上の台所用合成洗剤を加える

 

合成洗剤の液性が、
・中性の場合は、中性洗剤
・アルカリ性の場合は、アルカリ性洗剤
・酸性の場合は、酸性洗剤
※洗剤と付くものはすべて合成洗剤で、合成界面活性剤が主成分として必ず使われている

 

 

新型コロナウイルスの感染を予防する方法:消毒液の使い方

 

  1. 各家庭の中で、どこを触っているのか考えて、すべて拭いていく
  2. もう1度同じ場所を拭き取り、2度拭きする

 

 

 

まとめ

 

新型コロナウイルスに感染しない・感染させない方法について、お伝えしました。

 

これまでも、感染しない・感染させないという対策を取ってきた方も多いと思います。

今後も、もしかしたら自分も感染しているかもしれない、そして周りの人に感染させないという意識を、これまで以上に強く持っていくことが非常に重要になっていきます。

 

感染の拡大を防ぐために、自分の命や周りの人の命を守るために、あらためて1人1人の意識や行動を変えていくことが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました