あさイチ|ツボ押しのやり方!生理痛・更年期障害を和らげるツボを紹介!4月20日放送

あさイチ

2020年4月20日(月)放送
NHK「あさイチ」では、「自宅で簡単にできるツボ押し」を紹介!

 

  • 自宅で簡単にできるツボ押しのやり方!
  • 生理痛・更年期障害を和らげるツボとは…?

 

 

2020年4月20日(月)放送NHK「あさイチ」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボ押しのやり方!生理痛・更年期障害を和らげるツボを紹介!

 


(C)NHK

 

 

生理痛・更年期障害を和らげるツボ押しのやり方

 

1:三陰交を指でゆっくり3回押す
三陰交は、脚の内側のくるぶしから指幅4本分上、すねの骨と筋肉の間の辺りにある

 

2:両脚3回ずつ、1日2回行う

 

  • 印鑑を押すぐらいの力でゆっくり押す
  • 5秒押したら、5秒休む
  • 三陰交のツボは、子宮や卵巣だけでなく、骨盤の中の臓器である腸や泌尿器系の症状にも効果がある
  • 脚のむくみや頻尿にも効果がある

 

 

ツボ押しと合わせて、お腹のツボ:関元(かんげん)と腰のツボ:腎兪(じんゆ)にカイロを貼る!

 

  • 生理の1週間前から、お腹と腰のツボにカイロを貼り、温める
  • お腹のツボ:関元(かんげん)は、おへその真下指幅4本のところにある
  • 関元は、子宮の血流をよくするツボ
  • 腰の腎兪(じんゆ)は、ウエストのくびれの部分、背骨から指2本外側にある
  • ツボ押しと合わせて、カイロを生理の1週間前から貼った結果、痛み止めを飲まずに済んだ、脚のむくみが取れたという結果が得られた

 

 

 

まとめ

 

今回は、

  • 自宅で簡単にできるツボ押しのやり方!
  • 生理痛・更年期障害を和らげるツボとは…?

について、お伝えしました。

 

三陰交のツボ押しは、子宮や卵巣だけでなく、腸や泌尿器系の症状、脚のむくみにも効果があるとのことでした。

女性にとって良いことだらけのツボですね!

ぜひ、毎日の習慣にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました