冬の快眠方法とは?美と若さの新常識1月14日放送内容まとめ

美と若さの新常識

1月14日(火)放送
「美と若さの新常識」では、冬の快眠術を特集!

 

 

・「睡眠禁止ゾーン」が眠りの質を悪くさせ、時差ボケ状態に陥らせる?
・手足が冷えて眠れない人におすすめの裏ワザとは?

 

1月14日(火)「美と若さの新常識」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

手足の冷えで眠れない冬の快眠方法とは?

 

手足の冷えで寝つきが悪い理由とは?

 

 

 

ただいま内容・詳細を追記しています!

 

 

体内時計の遅れで眠れない快眠法とは?

 

週末の夜更かしで睡眠禁止ゾーンが後ろにズレる!

 

■睡眠禁止ゾーンとは?

 

・金曜日と土曜日の夜更かしにより、土曜日と日曜日の睡眠禁止ゾーンが後ろにズレる
・睡眠禁止ゾーンとは、人間が最も覚醒している時間帯で、寝る時間の4時間前〜2時間前と言われている
・睡眠禁止ゾーンは、前の日の寝る時間で決まる
・寝ようとしても寝られない時間帯であり、寝つきはが悪くなる、良い睡眠が取れない、翌日また寝つけないということが起きる可能性がある
・睡眠禁止ゾーンは、2日間連続で寝る時間が遅くなると、睡眠禁止ゾーンの効果が強まって固定化していく
・日曜日の就寝時間を、月曜日に備えて夜0時半に戻すため、睡眠禁止ゾーンのすぐ近くで寝ることになってしまう
・まだ覚醒している状態で眠ろうとしてしまうことになる

 

 

週末の起床時間の遅れがメラトニンの分泌のタイミングを遅らせる!

 

■起床時間とメラトニンの分泌のタイミングの関係とは?

 

・メラトニンは、人間に眠気を促す睡眠物質
・メラトニンの分泌のタイミングは、朝の起床時間で決まる
・分泌が高まるのは、起床からおよそ16時間後
・休日の起床が遅れると、メラトニンの分泌のタイミングも遅れる
・メラトニンも睡眠禁止ゾーンと同様に、土日に2日連続で起床時間がずれると そのズレがはっきり固定化されていく

 

 

体内時計をリセットする方法

 

■日曜日の起床時間をいつもの時間に戻す

朝日を浴びる

 

・金曜日の夜と土曜日の夜は夜更かししてもOK
・土曜日の朝は遅く起きてもOK
・こうすることでメラトニンの分泌のタイミングが元に戻り、寝つきの悪かった時間帯でもスムーズに眠ることができる
・朝日を浴びる他に、朝食を取る、朝食後にコーヒーを飲む、運動をすることで、体内時計を朝に合わせることができる

 

 

 

 

ただいま内容・詳細を追記しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました