ハナタカ!牡蠣の生食用と加熱用の違いとは?牡蠣の目利き方法も!2月13日放送

ハナタカ!優越館

2月13日(木)放送
「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」では、牡蠣について特集!

 

  • 牡蠣の生食用と加熱用の違いとは?
  • プロが教える牡蠣の目利き方法!
  • 調理前に牡蠣を〇〇〇〇〇で洗うとより美味しくなる?
  • 食中毒のリスクを下げる加熱時間と加熱温度は?
  • 牡蠣にレモンが添えられる理由とは?

 

 

2月13日(木)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「牡蠣ツ端」の店舗情報

 

 

 

今回、牡蠣のハナタカを教えてくれたのは、東京・恵比寿の「牡蠣ツ端 」です。

 

店名牡蠣ツ端
住所東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 AIビル地下1階
電話番号03-6452-3414
HPhttp://kaki-tsubata.com/

 

牡蠣の生食用と加熱用の違いとは?

 

 

 

牡蠣の生食用と加熱用の違いは、牡蠣が育つ海域の違い!

 

  • 生でも問題ないとされた地域で育った牡蠣は生食用
  • 一方、加熱用については、海域の指定はない
  • 生食用は、浄化作業のために1日費やすこともある
  • 加熱用は水洗いだけですぐに出荷するので、加熱用の方が獲れたてという事もある

 

 

 

プロが教える牡蠣の目利き方法!

 

 

 

美味しい牡蠣を見分けるポイントは色!

 

  • クリーム色っぽい、黄色がかった牡蠣を選ぶと良い
  • クリーム色っぽい牡蠣は、栄養素が豊富で味が濃いことが多い
  • 透明がかったものは海水を多く含み、味が抜け出していることがある

 

 

 

調理前に牡蠣を〇〇〇〇〇で洗うとより美味しくなる?

 

 

 

牡蠣を大根おろしに入れてもみ込む!

大根おろしの後は、塩水で洗う!

 

  • 大根に含まれる成分が牡蠣の汚れに効果的
  • 牡蠣を大根おろしに入れてもみ込むと、牡蠣の汚れ、ヌメリ、嫌な臭いを取り除く効果がある
  • 大根おろしの後は、真水ではなく塩水で洗うと、浸透圧でうま味が逃げにくい
  • 透明がかったものは海水を多く含み、味が抜け出していることがある

 

 

 

食中毒のリスクを下げる加熱時間と加熱温度は?

 

 

中心部の温度が85~90℃で、90秒以上の加熱で食中毒のリスクが下がる!

 

 

 

牡蠣にレモンが添えられる理由とは?

 

 

 

レモンに含まれる成分に殺菌効果がある!

 

  • レモンに含まれる成分に殺菌効果がある
  • また、レモンに含まれるビタミンCには、牡蠣に含まれる鉄分の吸収を促進する効果がある

 

 

 

まとめ

 

今回は、

  • 牡蠣の生食用と加熱用の違いとは?
  • プロが教える牡蠣の目利き方法!
  • 調理前に牡蠣を〇〇〇〇〇で洗うとより美味しくなる?
  • 食中毒のリスクを下げる加熱時間と加熱温度は?
  • 牡蠣にレモンが添えられる理由とは?

について、お伝えしました。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました