ハナタカ!アサリの砂抜きのやり方!アサリの味噌汁を美味しくするポイントとは…?4月23日放送

ハナタカ!優越館

2020年4月23日(木)放送
「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」では、アサリの砂抜きのやり方!アサリの味噌汁を美味しくするポイントを紹介!

 

  • 貝の鮮度をチェックする方法とは…?
  • 閉じているアサリの生死を見分ける方法とは…?
  • アサリの砂抜きのテクニックとは…?
  • アサリを美味しくするひと手間とは…?
  • アサリの味噌汁を美味しくするポイントとは…?
  • シジミを美味しくするひと手間とは…?
  • 焼いている時に貝がひっくり返らない裏ワザとは…?
  • プロが実践する貝柱をきれいに取る方法とは…?

 

 

2020年4月23日(木)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の放送内容をまとめてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナタカ!アサリの砂抜きのやり方!アサリのみそ汁を美味しくするポイントとは…?

 

 

 

今回、貝料理のハナタカを教えてくれたのは、東京都渋谷区恵比寿にある貝料理専門店「焼貝 あこや」です。

 

店名焼貝 あこや
住所東京都渋谷区恵比寿南1丁目4-4
電話番号03-6451-2467

 

 

 

 

貝の鮮度をチェックする方法とは…?

 

 

 

貝の鮮度は、完全に口が閉じているか、いないか!

貝が開いている時、ヒダがあるか、無いか!

 

  • 口が閉じている貝が新鮮
  • ヒダは貝ひもの部分
  • 貝ひもの部分がしっかり見えるビッチリ詰まっていると鮮度が良い
  • パックに入っている貝を、揺らして閉じたら生きている証拠
  • 押しても揺らしても閉じない貝は死んでいる
  • 死んでいる貝は、食べない方が良い

 

 

 

閉じているアサリの生死を見分ける方法とは…?

 

 

 

アサリの貝同士をこすり合わせる!

 

  • アサリの貝柱は筋肉
  • 死んでいる場合、筋肉が動かないので、貝が開く
  • 何回がこすり合わせて、口が開いた会は死んでいる
  • 死んでいる貝は、食べない方が良い
  • 1個でも死んでいるアサリがあったら、香りが全て台無しになる

 

 

 

アサリの砂抜きのテクニックとは…?

 

 

 

ボウルではなく、バットなどの平たいな容器を使う!

 

  • バットなどの平たい容器に塩水を作り、アサリを並べる
  • 重ならないように並べるのが大切
  • アサリとアサリが重なってしまうと、上のアサリが吐いた砂を下にいるアサリが吸ってしまう
  • 新聞紙や冷蔵庫で暗くすると、砂を吐きやすい

 

 

 

アサリを美味しくするひと手間とは…?

 

 

 

アサリを常温で放置する!

 

  • アサリを半日ぐらい常温で放置する
  • アサリは冷たい海水にいる
  • 常温だと死にたくないので、パワーをため、それがうま味につながる
  • 数時間でコハク酸という、1うま味成分を出す

 

 

 

アサリの味噌汁を美味しくするポイントとは…?

 

 

 

火を止めるタイミングに注意する!

 

  • 1個か2個、口が開いたら火を止める
  • 残りのアサリは余熱で十分
  • 火を通し過ぎないのがポイント

 

 

 

シジミを美味しくするひと手間とは…?

 

 

 

シジミは1度冷凍するとうま味がアップする!

 

  • シジミは、冷凍で増え、解凍でうま味が出る

 

 

 

 

 

焼いている時に貝がひっくり返らない裏ワザとは…?

 

 

 

蝶番(ちょうつがい)をハサミで切ると、ひっくり返るのを防げる!

 

  • 蝶番(ちょうつがい)は、貝の殻のちょうど真ん中にある黒い部分
  • 蝶番を少しだけ切り落とすだけで、ひっくり返るのを防げる

 

 

 

プロが実践する貝柱をきれいに取る方法とは…?

 

 

 

貝の味が寄っている方から剥がすと、簡単に取れる!

 

  • まず、貝の身が右寄りか左寄りかを見る
  • 例えば、身が右に寄っている場合、右から左に向かって剥がす
  • すると、貝柱も一緒にキレイに剥がれる

 

 

 

まとめ

 

今回は、

  • 貝の鮮度をチェックする方法とは…?
  • 閉じているアサリの生死を見分ける方法とは…?
  • 専門店の砂抜きのテクニックとは…?
  • アサリを美味しくするひと手間とは…?
  • アサリの味噌汁を美味しくするポイントとは…?
  • シジミを美味しくするひと手間とは…?
  • 焼いている時に貝がひっくり返らない裏ワザとは…?
  • プロが実践する貝柱をきれいに取る方法とは…?

について、お伝えしました。

 

火を止めるタイミングに注意して、ふっくらやわらかいアサリのお味噌汁をいただきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました