先生のおとりよせの商品永楽屋琥珀柚子をお取り寄せしよう!

先生のおとりよせ

テレビ東京のドラマ「先生のおとりよせ」

このドラマの主人公、榎村遥華(えのむらはるか)は、主食系から調味料、飲料まで多岐にわたる内容をお取り寄せし、食すことを楽しみのひとつとしている官能小説家です。

そんな榎村遥華と、巨乳美少女漫画を得意としている自称「フェミニン男子」中田みるく(なかたみるく)が繰り広げるストーリーに登場する数々のお取り寄せの商品。

この記事では、ドラマ「先生のおとりよせ」に登場した商品を紹介しています。

今回は、第1話に登場した永楽屋の「琥珀柚子」についてお伝えします。

 

先生のおとりよせの商品永楽屋琥珀柚子をお取り寄せしよう!

 

 

ドラマ「先生のおとりよせ」第1話で榎村遥華がお取り寄せしたのは、

永楽屋「琥珀 柚子」

です。

榎村遥華は中田みるくにこの商品を渡す際、熱く次のように語っています。

  • 1946年に京都で創業して以来、数々の賞を受賞してきた老舗中の老舗永楽屋の看板商品かつ人気商品なんだ!
  • 今までお取り寄せしてきたスイーツの中から厳選に厳選を重ねた一品

 

また、中田みるくはこの商品を初めて食す際、次のように語っています。

  • この箱、1枚の紙を折り紙みたいに折ってるんだ
  • 最後まで楽しめる工夫、おもてなしの心だ
  • 綺麗
  • ガラス細工みたいにほんのり透き通っていて、本当に宝石の琥珀みたい
  • 寒天のまわりを砂糖でコーティングしている
  • サクッとした表面の歯ざわりに、なめらかな寒天の舌触りが最高
  • まるでシーンによってタッチが変わるような美しい構成力
  • そして何と言っても口の中に目一杯広がる柚子、柚子、柚子

 

さいごに

 

今回は、先生のおとりよせ第1話より、永楽屋「琥珀 柚子」を紹介しました。

季節を問わず楽しめる一品、また、榎村遥華のようにご挨拶や贈り物としても間違いのない、上品な商品ですね。

 

「先生のおとりよせ」第1話のオープニングでこのドラマの主人公、官能小説家榎村遥華は次のように言っています。

作家というのは、とかく家を出ない生き物である
そんな人間を家に居ながらにして
時には大自然へ
時には大都会へ
そして時には地球の裏側にまで連れて行ってくれる
究極のご娯楽だ
それこそがお取り寄せだ

 

あなたも究極の娯楽「お取り寄せ」を楽しんでみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました