先生のおとりよせの商品甘栗をお取り寄せしよう!

先生のおとりよせ

テレビ東京のドラマ「先生のおとりよせ」

このドラマの主人公、榎村遥華(えのむらはるか)は、主食系から調味料、飲料まで多岐にわたる内容をお取り寄せし、食すことを楽しみのひとつとしている官能小説家です。

そんな榎村遥華と、巨乳美少女漫画を得意としている自称「フェミニン男子」中田みるく(なかたみるく)が繰り広げるストーリーに登場する数々のお取り寄せの商品。

この記事では、ドラマ「先生のおとりよせ」に登場した商品を紹介しています。

今回は、第1話に登場した「甘栗」についてお伝えします。

 

先生のおとりよせの商品甘栗をお取り寄せしよう!

 

 

ドラマ「先生のおとりよせ」第1話で中田みるくがお取り寄せしたのは、

林万昌堂「木箱入り甘栗」

です。

中田みるくは榎村遥華にこの商品について、熱く次のように語っています。

  • 林万昌堂さんはとことん素材にこだわって、吟味して吟味して一粒一粒愛を込めて仕上げてるの
  • 「誠実を売り、信頼を得る」という社長さんの言葉が響いたのよ

 

また、榎村遥華はこの商品を初めて食す際、次のように語っています。

  • 木箱入り甘栗、確かにこの特別感は人にもらうことでより増すのかもしれない
  • かなりの大粒、それに量も多い
  • 甘く香ばしい香り
  • これは出来立てで箱詰めしているからこそ、閉じ込めることができる香りだ
  • 栗そのものの風味が鼻に抜けて、まろやかな旨味と上品な甘味、そしてパサパサ感がなくしっとりとした食感が舌を優しく包みこんでくれる
  • 何より大粒ならではの食べ応えが抜群だ
  • これは何個でもいけるぞ

 

さいごに

 

今回は、先生のおとりよせ第1話より、林万昌堂「木箱入り甘栗」を紹介しました。

木箱入りということで、お中元やお歳暮にもぴったりな一品ですね。

榎村遥華のように、食べ応えのある大粒の甘栗をたっぷりと味わってみたくなりました!

 

「先生のおとりよせ」第1話のオープニングでこのドラマの主人公、官能小説家榎村遥華は次のように言っています。

作家というのは、とかく家を出ない生き物である
そんな人間を家に居ながらにして
時には大自然へ
時には大都会へ
そして時には地球の裏側にまで連れて行ってくれる
究極のご娯楽だ
それこそがお取り寄せだ

 

あなたも究極の娯楽「お取り寄せ」を楽しんでみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました